丸ビルの中華料理「筑紫楼」に行ってきたのでレビュー!ハプニングにも優しく対応してくれました

普段はほとんど東京駅近辺には行かないのですが、どうしても帰省しなくてはならない事情がありました。

新幹線に乗る前にどこかでランチしたいと思っていましたが、思いのほか、東京駅って混んでるんですね…

本当は駅ナカがよかったんですが、どこも子連れでゆっくりできるところがなさそうだったので、少し歩いて丸ビルまで行きました。

子どもはちょっと疲れてしまったようで、ハプニングもありましたが、良いお店に入れてよかったなと思います。

筑紫楼

丸ビルにある、筑紫楼丸の内店にお邪魔しました。

個室や奥の席など、気を遣ってあまり人がいない席を用意してくれて、本当に助かりました!

熱い料理が運ばれてきましたが、その度に優しく声をかけていただいたり、料理を出してくれるタイミングもとても良かったです。

ベビーカーを使用されていたお客さんもいましたが、ベビーカーのままお店に入っていました。

お席まで、他のお客さんの邪魔にならないように店員さんがゆっくり誘導されていて、お母さんもお礼を仰っていました。

子供第一に考えてくれているお店なんだな!と少し感動。

うちはベビーカーを卒業してそれなりに大きくなって、少しの距離であれば自分で歩くようにもなりましたが、ベビーカー時代はもしこのお店を知っていたら来たかったなーと思います!

また、店内も席と席の間隔が広く、もともと他の人の声などが気にならない作りなのでそこも良いと思いました。

店員さんの優しさは格別!人混みで疲れた心を癒してくれました

店員さんがとても優しいのが印象的でした。

食べている時に子供が途中から泣いてしまい、あまり食事が進まなかったのですが、お子さんのタイミングなどでお食事をお持ちするので、いつでもお声がけくださいと優しく言ってくださいました。

ランチコースだったので、次を持ってきてもらえないという焦りがどこかあり不安に思っていましたが、ゆっくり子供のペースで食べることができたことに感動しました。

そして、子供が寝た隙を見計らって、食べ終わっていなくても次を持ってきてもらうこともできました。

子供がいながら、久しぶりに美味しい料理を楽しみながら食べることができたことがとても嬉しかったです。

ランチコースは贅沢気分も味わえておすすめ

初めて行く方には、私が注文したランチコースメニューBがおすすめかもしれません。

特に美味しかったのは、ふかひれの姿煮。

とても大きく豪華にいただくことができました。

それでいて、ランチなので割安で提供しています。

このふかひれの味を思い出し、食べたくなるので、その後子供を連れてまた食べに行きました!

ふかひれの姿煮にかかっているスープも格別で、とにかく濃厚。

コラーゲンたっぷりな味がします。

また、店員さんにおすすめしてもらったのですが、このスープを白いご飯にかけて最後の一滴まで食べることができるのが、贅沢でとてもおすすめです。

ふかひれは姿煮だけではなく、ふかひれラーメンなどでも食べられるので、そのままでもラーメンに入っていてもとても美味しく、絶対に食べるべき逸品です。

まとめ

今回は、短くなってしまいましたが、丸の内に訪れた際に行った筑紫楼について紹介しました!

ランチどきを少し過ぎていたこともあり、ベビーカーでもラクラク入店されていた方もいましたよ。

ふかひれの味は、リピートしたくなること間違いなし!

次は11月に東京駅付近に行くので、その時にまたお邪魔しようかなと考え中です。

最新情報をチェックしよう!